読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

七福神の気ままなブログ

ANTI-ADBLOCK、My Yahoo終了やらインターネット内の問題解決を図るブログ

メニュー(クリックして選択してね)

【知らないと損】スマホアプリの課金を少しでも安くする方法

f:id:SevenLuckyGods:20160708215945j:plain

この記事で言いたい事:

  1. Win10、AndroidiOSでは携帯アプリの課金決済サービス料が一定率上乗せされています
  2. マルチプラットフォーム対応しているアプリの場合、PCから課金すると1のサービス料の上乗せがなく基本安くなります
  3. 上乗せ率は、Win10 < Andorid = iOSの順番なので可能なら安く課金できるか確認すべきです
  4. なお、近くWin10=<Android<iOSになるらしい

 アプリ内での販売、課金には、プラットフォームごとにお金が徴収されているらしい。

以下は、niconico動画の場合です。

f:id:SevenLuckyGods:20160708220254p:plain

PCからWebブラウザを使ってアクセスすると、540円です。

消費税(8%)を抜くと500円がプレミアム会員料金となります。

しかし、これをiOSniconicoアプリからプレミアム会員になろうとすると

f:id:SevenLuckyGods:20160708221057p:plain

720円になります。

消費税を抜くと、666.66円

666円/500円=1.333333倍

値段調整のために切りよく720円にしていますが、

その実は約30%が、本来のサービス代に上乗せされている事がわかります。

他の参考事例として、World of Tanks Blitzというゲームがあります。

 

WInタブ(ユニバーサルアプリ)、AndroidおよびiOSで課金料金が異なっています。

f:id:SevenLuckyGods:20160708223132j:plain

  • Windows10でのパッケージ金額
    スモールキット = 100円
    スターターキット = 1,700円
    ベーシックキット = 2,400円
    Warchest = 7,400円
  • iOSAndroidでのパッケージ金額
    スモールキット = 120円
    スターターキット = 2,000円
    ベーシックキット = 2,900円
    Warchest = 8,800円

 ちょうど、Winタブの20%増しがiOS&Andoridの料金となっています。

先ほどの例から税抜きおよびサービス料抜きの値段を求めると

120 / 1.08 / 1.3 =  85.47円となります。

とするとWindowsの上乗せ率は

* サービス料率 = 100 / 85.47 / 1.08 = 1.08%となり

約8%の上乗せ率です。

結構な差ですね。これほどの違いがでるのは、

Windows 10のユニバーサルアプリは後発のため、サービス料を

低くして新規のアプリ参入を図る意図があります。

 iTuneカードは、キャンペーンで10%から15%の割引販売をしていますが、

マルチプラットフォームの事を考えると、それぐらいの割引があって初めて普通の値段かなぁとも思います。

itc-check.com

 なお、Andoridは近く上乗せ率を下げる(15%ぐらい?)にする予定だそうです(ソース未確認)。

では、快適なスマホ生活を!